ロータリークラブとは -WHAT IS ROTALLY?-

ロータリーとは

ロータリーは、「人道的な奉仕を行い、あらゆる職業において高度の道徳的水準を守ることを奨励し、かつ世界における親善と平和の確立に寄与することを目指した、事業及び専門職務に携わる指導者が世界的に結び合った団体」と定義されます。政治、宗教とは無関係で、あらゆる文化、民族、信条に門戸を開いています。
ロータリークラブの会員は、奉仕の理想を各人の個人生活、職業生活および社会生活実践の基盤とすることに同意した、職業倫理を重んずる地域社会の事業人・専門職業人の集まりで、自己の職業を通じて奉仕をすることを志す人々です。会員同士の親睦を深め、自己啓発を進めながら、自分の職業を生かして世界や地域に奉仕していくことを目指しています。

ロータリーの目的

ロータリーの目的は、価値ある企業活動(天職)の基礎として奉仕の理念を奨励し育成すること。
詳しくは、次の事項を奨励し育成することである。

  • 1. 奉仕の機会を得るときには、交友関係を発展させること。
  • 2. 社会に奉仕する機会を得るときには、企業と専門職が有する高い倫理基準を保ち、奉仕に役立つ仕事は全て価値あるものと認識し、
    そして、ロータリアン各自の職業を尊厳あるものにすること。
  • 3. ロータリアンの一人一人が、個人として、職業人として、地域社会の一員として、自らの意思で奉仕の理念に専心すること。
  • 4. 奉仕の理念に結ばれた実業家と専門家の世界的な団体を通して、国際理解・親善・平和を促進すること。

行動基準

会員の行動基準としての「四つのテスト」”The Four-Way Test”
言行はこれにてらしてから”Of the things we think,sayor do”

  • 1. 真実かどうか “Is it the TRUTH ? ”
  • 2. みんなに公平か “Is it FAIR to all concerned ? “
  • 3. 好意と友情を深めるか “Will it build GOODWILL and BETTER FRIENDSHIPS ? “
  • 4. みんなのためになるかどうか “Will it be BENEFICIAL to all concerned ? “

奉仕部門

ロータリーの目的に基づく奉仕部門は、ロータリーの精神的な礎であり、クラブ活動がよりどころとする基盤です。

  • 1)クラブ奉仕とは
    親睦活動とクラブの機能を充実させることを主眼とします。
  • 2)職業奉仕とは
    ロータリアンが自らの職業を通じて人々に奉仕し、高い道徳水準を実践することを奨励します。
  • 3)社会奉仕とは
    地域社会の人々の生活の質を向上させるためにクラブが行うプロジェクトや活動です。
  • 4)国際奉仕とは
    世界中におけるロータリーの人道的な活動を広げ、世界理解と平和を推進する活動を含んでいます。
  • 5)新世代奉仕は
    指導力養成活動、奉仕プロジェクト、交換プログラムを通じて、青少年と若者による好ましい変化をもたらすものです。

お問い合わせ CONTACT